治療には時間がかかる

診断は簡単ではない

病院

適応障害は、誰しもが発症する可能性のある病気です。その理由としては、環境の変化によるストレスが考えられます。職場の環境が変化したこと、私生活に変化があったなどその原因は多岐にわたりますので、誰しもが発症する可能性があります。適応障害はうつ病を間違われることがあります。その理由としては、適応障害とうつ病であらわれる症状がほぼ同じであるからです。そのため、専門医である精神科医であっても、両者を区別するということは簡単なことではありません。治療法に関しても、共通しているところが多いため、適切な治療を受けることにより、回復を見込むことが出来ます。適切な治療を受けるためには、豊富な経験と実績を持つ精神科医に出会うということはもちろん、自分に合った医師を見付けるということも大切になります。人気のある精神科医であっても、人と人には相性がありますので、全ての人に合っているとは限りません。適応障害の症状が疑われた場合には、早めに対応することが大切になります。

治療は慎重に

適応障害の治療法としては、病気の原因となっているストレスを軽減させるということが中心となります。ストレスの原因となっていることは、人により異なりますし、場合によっては自分がストレスを受けているということに気がついていないということも考えられます。同じような環境にあっても、適応障害を発症する人とそうではない人がいますので、ストレス耐性を上げるという方法もありますが、これには時間がかかりますし、既に適応障害を発症しているような状態でストレス耐性を上げようとすると、症状悪化に繋がりますので、適している治療法としては、周囲のサポートを得ながら、ストレスと軽減するということになります。また、必要に応じて医薬品を使用することもあります。これはあくまでも対処療法として使用されるものです。なお、ストレスを急激に軽減させることは、逆にストレスとなることもありますので、治療は慎重に行う必要があります。治療にはある程度時間が掛かることを理解するようにしましょう。