病気を理解しよう

男性

適応障害は誰でも発症する可能性のある、ストレスが原因の病気です。症状は多岐にわたり、不安感や焦燥感、情緒不安定、食欲不振、頭痛、吐き気、胃炎、不眠などがみられます。症状を改善するためには、ストレスを軽減させることが大切です。

社会や環境との適応

厭な気分とどう向き合うか

看護師

適応障害とは、その名の通り、社会に適応出来なくなってくる心の障害です。人は誰でも、日々の生活の中にストレスを感じています。家庭内不和、学校、職場での人間関係、過重労働など、様々なストレスに耐える精神、また明日に向かおうとする力が人間にはあります。しかし、ある状況がどうしても、とてもつらくて耐えられないと感じてしまい、抑うつ状態や、不安、イライラで過剰な精神反応になってしまう時があります。適応障害は、発症していない時とは、感じ方や、ものの受け捉え方が重くなってしまい、ストレス反応が過剰になってしまいます。それでは、どうすればこの苦しい状況から脱してゆけるのでしょうか。一番の解決策は、ストレスと言う重荷を取り去ってあげることなのです。しかし、適応障害を克服するには、ストレス耐性を作らなければならないという矛盾点も出てきます。周囲のサポートや医学的なサポートなどで、ストレスへの対処を考え、回避するのではなく、少しづつ耐性を上げていくことによって、社会に適応できる精神を体得していくことが、治療へのカギとなるのです。

長引かないために

「優しい人」「真面目な人」「周囲に配慮する人」このように言われる人は、適応障害になりやすいのかも知れません。何故なら、そう言われる人には、いつでもプレッシャーと戦っていたり、周囲に嫌われるのを恐れていたり、他人にどう思われてるか、人の評価を気にする人たちが多いからです。抑うつ症状や不安症状が出現し、マイナス思考が常に続き、行動が制限されてしまったら、適応障害を疑ってみましょう。注意すべき点は、苦しくてもつらくても、我慢してしまうことです。ストレス因子が早急に取り除かれ、軽度で終わる場合でも、発症が繰り返さないように気を付けた方が良いでしょう。重症のストレス因子が持続する時は、適切な場所に相談したり、受診するのもよいでしょう。カウンセリングを通して、適応力を身に付け、ストレスを軽減し、どんな状況にも耐えうる精神力を作りましょう。適応障害は現代病とも言われます。全くストレスのない人間はいませんが、適応障害にはなる人と、ならない人がいるのです。なにが原因かをよく考えて、ストレスとうまく向き合いましょう。

治療には時間がかかる

病院

適応障害の診断は、専門医であっても簡単なことではありません。一人ひとりの状態や原因に合わせて、適切な治療を行うということが大切になります。必要に応じて、医薬品が使用されることもあります。治療には、ある程度時間が掛かることを理解するようにしましょう。

発症のきっかけは様々です

看護師

適応障害の治療は、ストレスを感じているということを本人はもちろん、周囲の人も正しく理解するということが大切になります。ストレス耐性は人により異なりますので、なかなか病気が理解されないという課題があります。

最近の精神疾患

笑顔

環境の変化によって引き起こされる適応障害は現在ポピュラーな精神疾患となっており、心療内科でも多い症例です。今後はさらに診断数が増えると考えられます。適応障害は他の精神疾患へ移行することもあるため、早目に治療をすることが必要です。

心の病気のひとつです

笑顔

適応障害は原因となるストレスをつきとめて解決もしくは受け止め方を変えることで比較的治りやすい病気なのです。重症化しないように早期治療を始め、治してもらうではなく、自分で治すという強い信念を持って治療に取り組むことが大切となります。